遺伝子検査とは?

遺伝子は体の設計図といわれています。
体を形成するための情報や、生命活動を続けるための情報が網羅されているのが特徴です。遺伝子検査とは遺伝子を専門的な手法で分析して、そのような情報を得るための方法といえます、科学技術の発展によって利用される機会が増えてきました。

遺伝子検査の用途は非常に幅広く、公的なものから個人的なものまで存在します。検査結果は事件や裁判での証拠や参考資料として使用されることも少なくありません。

また親子関係を確かめるために利用する人もいます。病気にかかるリスクを確かめたり、治療法の選定に役立てたりするために利用されることもあります。
医療目的外のものを遺伝子の鑑定と呼んで、遺伝子検査と区別するケースも見られます。検査に使用する遺伝子は唾液や血液、毛髪などさまざまな方法で入手可能です。遺伝子の配列の情報などを調べることによって、先天的な病気の発症について予測できることがあります。

また老化に関する情報も得られるので、美容に活用することも増えてきました。それだけでなく、自分の向いているスポーツなどを把握するために受ける人もいます。遺伝子を比較することで、人との相性を調べることも可能であるといわれています。